--.--.--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.02.09(Wed) 21:36 私と着物の歴 史 館1
私の記憶の中で最初に着物が出てくるのは
三歳の七五三の時。
それなりにいい着物を着せてもらったみたいですが、
子供には絞りなんて地味すぎて
ちっともかわいくなかった・・・
七歳のおねーさん達の色鮮やかな振り袖とか、
なにやら帯の間に挟んでる小物やら、
結った髪にさしたかんざしをいいな〜
と思ってました。

あの羨ましい気持ちはその後何年も続き、11月が来るたび
悔しくてしょうがなかったのでした。
お正月には、着せてもらったりもしましたが、
母親が着付を面倒がって毎年というわけにはいかず、
着れない年の初詣では、着物姿の人にジェラシー
を感じてるような子でした。

そして中学1年の時、十三参りという、
とってもマイナーな行事に参加。
成人式みたいなもので別に面白くもないんだけど、
着物を着れたことに満足☆

そして七年後の成人式に向け、着物の広告や、
新年号の主婦雑誌をチェックしては
自分の着物の趣味を母親にアピールするのでした・・



関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://yorokejima.blog4.fc2.com/tb.php/2-89940a26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。