--.--.--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.04.05(Tue) 00:21 目の保養
セールの案内をもらったので、青山の紫藤尚世さんのお店に行ってきました。
もし、うっかり買えるお値段でいいものがあったら・・・ぐらい期待していったのですが
いいな〜と思うものはやはりお高かった!

でも着せてくれるというのでアンティークの泥大島を着てみました。
さらっとした手触りで軽くてこれが大島ってやつか・・・と納得。
もっと地味なイメージでしたが、着せてもらったものは動物?の絵の入った四角い札が飛び柄になっていて
着てみると、意外にかわいい柄でした。
それにオリジナルのゴールドの帯と絶妙な色合いの赤い帯揚げ&帯締めを合わせてもらったのですが
思わず買っちゃおうかな、ってぐらい素敵なのです!!

ちなみにお値段をみたら30!とかで、でも値引きしたら20・・・
どっちにしてもムリなのにその気にさせられてしまうとこでした。
(たしかに普通に仕立てたら100越えるものなのでお買い得ではありましたが)

色々お話を聞きながらオリジナルの方も見ていたら
「これも着てみる?」
と紫藤さんデザインの紬(これも大島って言ってたかな?)が出てきちゃいましてね・・・
パッと見、正直私好みではないの。

黒に近い紺と、薄茶の縞で、この方の得意とする何種類かの反物を合わせて作るデザインで、無地と幅の違う縞が何種類か合わせてある変わったデザインの紬。
でも、着るだけタダだし☆
イイモノなのはわかるからやっぱり着てみたい!
と、着せてもらってびっくり!!

「私ってこんなにいい女だった??」

って本気で思いましたよ!
縫製がいいのと、着付がいいのと何よりキモノ自体がいいのでしょうけど、
この私がほっそり華奢に見える!(驚異)
お尻が小さく見える!
私はけっこういかつい肩なのですが、胸元〜肩のラインがいい感じになって、ストレッチ素材でもないのに体のラインが程よく出てて自分にうっとり♪

お店の方は「生地のちから」とおっしゃってたけど、ホント、キモノってそうですよね。
基本的にみんな形は一緒だから仕立てる生地がモノを言うんだね、と。
それに色んなところでキモノを見ると仕立ての善し悪しも見えてきますね。
(紫藤さんのは仕立ての良さは見ただけじゃわかりませんが、見るからにイケてない仕立てってありますよ〜)

懐になんの当てもないのでまあ購入は見送りましたが、いいものを見るって大事だなと思います。
素敵なモノを知ってないと素敵になれないと思うから。

ついでに着せてくれるっていうなら何も買わなくても着せてもらうに限る!
あの紬着たところ、お見合い写真にしたかった・・・(切実)
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://yorokejima.blog4.fc2.com/tb.php/21-dfb21a31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。