--.--.--(--) --:-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.07(Sun) 21:11 束芋さんの、見てきました
何年ぶりだろう??横浜美術館。

てことで束芋さんの断面の世代を見てきました。

tabaimo

いやーーーー。

やっぱり好きだわ。


お友達に誘われて行ったおどろおどろ展以来、好きで見に行ってます。
ちなみに下の妹さんは「いもいも」という名でアシスタントしつつ活動してるみたい。
たばあねは何してるんだろう??


1番のお気に入りは「団地層」。
なんと入場しなくても見れます。
美術館のエントランスホールの壁面に投影してる作品なので。


美術館に行くなら着物でしょってことで今年初はこちら。

kimono044

ホントは今日、フリーライブ(野外)にも行こうと思ってたの防寒対策バッチリです!
足元はブーツ、道行きにめっちゃ暖かいストール(自作)
でも結局ご本人の体調不良で出演キャンセルとなり、防寒いらなかったわー。

そうそう。
束芋さんの作風って皺とか襞の怖さを思い出すんですよ。

私の苦手なのは電車の連結部分の幌。
それと昔の車のギアチェンジのバー。

幌は襞がすごいでしょ。
平らじゃないあの感じが子供の頃、かなり恐怖でした。

ギアの根元も同じ。
最近のマニュアル車はキレイになったけど、昔はギアチェンジのバーの根元があいまいに皮で覆われてた。
下に何が入ってるのかわからない「たわみ」があって皺とか襞ほど深くないんだけどゾゾッとします。
「革」の服が好きじゃないのはそのせいかも。。
「皮」の下は肉が張り詰めててほしい。
たわみは怖い。。

そんなことを思い出す束芋さんの作品。
関連記事

Secret

TrackBackURL
→http://yorokejima.blog4.fc2.com/tb.php/610-54cad63f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。